ANTENA IN YOU2アーカイブ3

敬愛するdipのカバー。当時、二子玉川へ体調療養をかねて遊びにいっていた。すこしふわふわしたセレクト。

 

恐ろしいくらい、猛烈なシティーポップブームに寄り添う様に作った作品。あえなく撃沈、夏という事もあり、小田原と熱海に遊びにいった。秘宝館など。。曲自体は少し古め。

 

デンマーク3箇所、ベルリン1箇所でライブ。ライブ録音。色んな人に会えた。すっと肩から重いものがとれた。BJMのレコードを買った。ボートに泊まったり、ドイツのアウトバーンを走った。

女の子がびっくりするくらい可愛く、天使のようだった。

ライブが終わると16歳くらいの女の子に囲まれた。

デンマークから帰国後、少し気持ちが軽くなって、陽気になった作品。新しくベースに入るぶっとんでる女の子と出会った時期でもあり、歌詞にはそれが反映されてるように思う。しかし、少し浮かれすぎな感じが否めない。

バンドも動き出し、なかなか充実した日々。新しく入ったベースは21歳で、その影響でthe cureを聞き直す。そのため、この様な曲が出来る。ロバートスミスみたいなろうと何を間違ったのか思う。

 

このころは、特定の人しか合わず。同郷の人とよく遊んだ。すこし浮かれ気分から現実に戻ってくる。少し肌寒くなるとこういう曲がよく出来る。渋谷の蛍光看板にあきあきしたと思う。

 

1月に自主企画があり、そのために作った曲。

この時期、少しだけ人生を変えるような出来事に遭遇する。

それは、もしかした、愛とかそんなものを身近に感じられた瞬間だったのかもしれない。感情が戻ってくるとは、おそらく、揺さぶりをかける事だと学んだ。

 

他にもボツや未公開がたくさんありますが。

アルバムを出さなかった分、これが2016年のアルバムと思います。もし、よかったらライブ見にきて下さいね。チャオ!