7某


今現在、ライブ活動は廃業寸前であり。

日々、こすれて粉のようにざらつく新宿と渋谷の空気が肺胞を削るように生きている。
先日のライブが終わったあとから体調を崩し。
7月に入ってまで、咳をしている始末でる。
UFO CLUB見てくれた方、ありがとう。
初めてみた、下山のメンバーはわっとする存在感があったな。僕には小賢しい雰囲気しかないので、もっと小賢しくなろうと思った。生まれつきのものだからしょうがなく、死んで何周か回ってもきっとまともな人間ではないだろう。
7月に入って。僕は少し青臭い最後の20代を呼び覚ますことがあった。恋とは違う、少女の罪みたいな、女なぞくっとする迷路に迷い込んだみたいな、何かわからないのだか、これはどうしようもない恋の歌なんだろう。乙女のワルツ。
これ以上、書いてもしょうがないので、記憶の蓋をそっと閉じる。
今、成田空港に向かうバスの中で書く。
松山まで飛行機で2時間のフライトだった。
少し時間があるので、眠る。外は雨。
窓をひっかく雨がやまない。