ANTENA IN YOU2アーカイブ3

敬愛するdipのカバー。当時、二子玉川へ体調療養をかねて遊びにいっていた。すこしふわふわしたセレクト。

 

恐ろしいくらい、猛烈なシティーポップブームに寄り添う様に作った作品。あえなく撃沈、夏という事もあり、小田原と熱海に遊びにいった。秘宝館など。。曲自体は少し古め。

 

デンマーク3箇所、ベルリン1箇所でライブ。ライブ録音。色んな人に会えた。すっと肩から重いものがとれた。BJMのレコードを買った。ボートに泊まったり、ドイツのアウトバーンを走った。

女の子がびっくりするくらい可愛く、天使のようだった。

ライブが終わると16歳くらいの女の子に囲まれた。

デンマークから帰国後、少し気持ちが軽くなって、陽気になった作品。新しくベースに入るぶっとんでる女の子と出会った時期でもあり、歌詞にはそれが反映されてるように思う。しかし、少し浮かれすぎな感じが否めない。

バンドも動き出し、なかなか充実した日々。新しく入ったベースは21歳で、その影響でthe cureを聞き直す。そのため、この様な曲が出来る。ロバートスミスみたいなろうと何を間違ったのか思う。

 

このころは、特定の人しか合わず。同郷の人とよく遊んだ。すこし浮かれ気分から現実に戻ってくる。少し肌寒くなるとこういう曲がよく出来る。渋谷の蛍光看板にあきあきしたと思う。

 

1月に自主企画があり、そのために作った曲。

この時期、少しだけ人生を変えるような出来事に遭遇する。

それは、もしかした、愛とかそんなものを身近に感じられた瞬間だったのかもしれない。感情が戻ってくるとは、おそらく、揺さぶりをかける事だと学んだ。

 

他にもボツや未公開がたくさんありますが。

アルバムを出さなかった分、これが2016年のアルバムと思います。もし、よかったらライブ見にきて下さいね。チャオ!

 

 

ANTENA IN YOU2 映像アーカイブ 2

オルタナティブ回帰を志して作った作品。

女の子にロケを手伝ってもらった。このころは今のCat powerに失望していて、彼女の昔の映像をよく見ていた。と言う事は、Cat powerに書いた曲なのかも知れない。

 

海外ツアーが決まり、おそらく少し楽曲の構成をゆるめた時期。

サビは全世界共通のハレルヤ。精神的には徐々に壊れていった時期。年齢的にも懐古主義に陥っていた。夜はだいたい自分のインナーチャイルドと会話をしていた。この頃から音楽を聞かなくなり、あまり何も影響下のない楽曲になる。

 

僕がもっとも尊敬するミュージシャンのレコーディングに遊びに行き。壮大な録音が行われているなか、玄関の間を借りて録音した作品。ムンズ竹野氏曰く、「何かあったのか?」と。個人的にはここら辺から路頭に迷った。おそらくskip spenceのつもりだったのかと。

 

2016年は何度か大きな波があって、第一波の一番良くない波があった日に、作った作品。徐々に都会の人の多さに自分が負けそうな気がして、よく小倉の人に電話をしていた。この時は、よくacid folkと呼ばれるものを聞いていた。だいたい、ろくな事はおこらなかった。豊田さんやdipのライブに良く行った。

なぜか明るいロック調のはずが、おそらく最低最低の状態で作ったのだと思われる。あんまり、聞きたくないがセレクト。

 

たまのカバー、この曲には思い入れがあり、何か残しておこうと考えた。この時期、よくあてもなく渋谷を彷徨った。

 

 

 

 

 

ANTENA IN YOU2 映像アーカイブ

日々の日記のような形で作っている映像はいつもバラバラであるため、ひとつまとめて見ようと思いました。

基本的には全部1人で作っていますが、その時々に出会った人々で創作したりもしました。では、どうぞ!

東京移住後に作ったもの、まだ都会に来たばっかりで翻弄されてる時期。おそらくデイビッド・リンチを見た後に制作。

ミュージシャンのsokoにとてもハマっていた時期。なぜか人事と思えないくらいsokoにゾッコンしていた時期。うん、これはsokoに向けて作った歌だったはず。結果、アリエルピンクさんの所に行って、すこし興味が薄れた。

東京の映像カルチャー、イケメン、美人の数に翻弄され、アニメーションを決意。当時、飛ぶトリを落とす勢いの、酸欠少女さゆりと同タイトルのために再生回数が多い。おそらく、シドバレッドからの流れを組んでいるのかと。

 

https://www.youtube.com/watch?v=BOoacu8p17U

僕が

僕である理由なんてないのだから、どうしようもなくバンドやロックが好きならやる事はある。そうやって、眺めながら暮らしていくのはうんざりだし。

新しいストラトは安物だけどいいもんだぜ。

つれつれと

さて、気がつけば9月も過ぎ、10月も後半になり、

忙しく毎日は過ぎて行く。

何もしていないのだ。1年半。音楽さえももしかしたら。

岡山に尊敬する先輩に会いに、またチャラのライブを見に行ったり。バンドのメンバーの一人は病気になってしまったり、新しくベースでサポートしてくれる女の子が出て来たり。

デンマークとの計画も全然進まず。今こうしてダウナーな事を書いてしまっている。

今日、朝起きて、テンテンコさんのインタビュー&サウンドクラウドを聞いたら元気になり。

曇りの昼下がり、ニップリッツを聞いていたら。

いままでのことなんてどうでもよいような気がした。

thanks

気がつけば8月某日

随分あいてしまったが、あっというまに秋にさしかかろうとしている。もう、ここに住んで1年半になる。随分と時がったった。

だらしなく毎日

8月はデンマークツアーをした、色んな出会いがあった。

もし、その話しをするなら会って話そう。

7某


今現在、ライブ活動は廃業寸前であり。

日々、こすれて粉のようにざらつく新宿と渋谷の空気が肺胞を削るように生きている。
先日のライブが終わったあとから体調を崩し。
7月に入ってまで、咳をしている始末でる。
UFO CLUB見てくれた方、ありがとう。
初めてみた、下山のメンバーはわっとする存在感があったな。僕には小賢しい雰囲気しかないので、もっと小賢しくなろうと思った。生まれつきのものだからしょうがなく、死んで何周か回ってもきっとまともな人間ではないだろう。
7月に入って。僕は少し青臭い最後の20代を呼び覚ますことがあった。恋とは違う、少女の罪みたいな、女なぞくっとする迷路に迷い込んだみたいな、何かわからないのだか、これはどうしようもない恋の歌なんだろう。乙女のワルツ。
これ以上、書いてもしょうがないので、記憶の蓋をそっと閉じる。
今、成田空港に向かうバスの中で書く。
松山まで飛行機で2時間のフライトだった。
少し時間があるので、眠る。外は雨。
窓をひっかく雨がやまない。

 

6某

平地の天気ほど読めないものもなく、

ごうごうと空調の機械音が大きくなりはじめてというもの今まで経験した事のない偏頭痛に見舞われた。こればかりは、気分がいいものでなく、酒ぐらいしか薬にならない。動機と手のしびれがひどく、目はちかちかとするありさまだ。

さて、なにを書こうかを考えてるうちに、早々と時間は過ぎていって、やっと身体動き出したのが、今、深夜3時5分。

そっと目を閉じる。

 

 

6某

毎日の渋谷に平穏を落とす事が出来て、

新宿はどこか別の街のような感覚。
来月は久々に北九州に帰る事にした。
待ち遠しく思う。
胸をはってぼくの生まれた街でみんなと話したい。
広大なネットがいよいよ億劫になり、ある日、無理をして試みてみたが、次の日まで引きづるほど疲れた。もうそろそろ本当に引退だな。一方的に発信する方が向いてるし、そもそも初めからそうじゃないか。
今日は音楽でも作ろうかと思っていたのだが、デンマークの中央図書館からメールが来て、いつもより高度な英語のやりとりで時間を使ってしまった。どうやら、図書館でライブと僕がセレクトした日本のLPを展示、ライブのイベントを開いてくれるみたいだ、しかも、予算も少なからずあるみたいで、こちらでリストを作って送る事になった。
誰を入れようか。
とりあえず、マヘルのライブ盤の新譜が恐ろしくよかったので、それは絶対入れるし、dipももちろん、アイドルなんかもリストにいれなくちゃな。もちろん自分もセレクトしよう。
今日は気分がのってるのでもう少し書く。
先日、
阿佐ヶ谷で誕生会に流しそうめんをした。
少し外国みたいな気分で地元の先輩や、学芸員の人やなんやりでワイワイした。
僕は、夕方くらいに帰るのだか一緒に飲んでたmoji先輩とkさんと場所を変えて飲み直した。音楽の話や身近な話をしたり、けなしあったり、ほめあったりした。
あー、こんな会話がかっこよいと思っていた19歳の僕に戻ったみたいだった。
あの頃は、上記先輩のライブに狂うようにかよっていて、いつも感動しながら帰ったものだ。あまりにも遠く見えて、上手く話しもできなかった。音楽的に目覚めもこの頃だ。たくさんの実験音楽やカルチャーの種を惜しげもなく教えてくれた事には感謝しかない。僕のキャラクターもあると思うのだが、血潮になったのだった。その血みたいなものにはルールがあって、それを経験できた1番最後の世代だと思う。残念ながらそれは事実なのだ。傲慢にならなくてよかった。
作品を作りにあたり昔はその環境に圧倒的に影響を受けたのだが、メロディーというものは恐ろしくて、脳裏に焼きついてしまうやっかいものである。ある種、憑依に近いようで、これは誰かに言われないと気づかなかったりする。
見抜ける人には見透かしている
そんな風な脅迫観念が常にあったのだが、
今は自由だ。
バイトは学校の売店で生徒達がいつもたくさんいる。入学したて18歳の尖ってるやつらのエネルギーが凄まじく渦巻いてる。
とにかく、半端なくオシャレなのだ。まるでインディーバンドのライブのように、毎日が狂ったshowのようで。なんとなく、関門海峡から眺める潮の渦を見る自分と重ねたのだった。
服買いにいかなくちゃな。
高原

 

 

IMG_3300

5某

お風呂場の窓を空けないといけなくなる季節だが、

深夜にそっと窓を閉める寒さもある。

渋谷のイメージフォーラムにて、ドイツのファズビンダーについてのトークショーを見に行った。あの空気感は久々で落ち着けたものだった。自分はタバコ臭かっただようだ。隣の方、ごめんなさい。

27日、ウルガでライブ。exラリーズ、静香の三浦さんのギターに圧倒された。僕らは一番手。物販全部買ってくれた人もいた。

thank you!

ロックでいい。

その2日後、問答無用の冷牟田band、dip。

書く事はない。ドキドキした。

ただ、それだけだ。

あとは、始祖と初めてのダーツをして遊んだ。

 

前々からの計画で、

8月はデンマークとベルリンでライブする事が決まった。

初めての北欧。

 

めずらしくオザケンでさらば!

 

13138873_1189229134487748_5160936665366381475_n

 

 

高原